top of page

入荷情報

先日ご紹介したROAMのアクセサリーとDOMETICのウォータジャグが入荷したので少しご紹介したいと思います。

ラグマットやLEDリボンとドリンクボトルは実際のキャンプ時にまたレビューをしたいと思います。


今回はこれからの季節で使用頻度の高くなりそうなDOMETICからラインナップされている日本未発売のドリンカブルウォータジャグのボックスオープンレビューです。


まずは気になるサイズ感から、左はROAMの20QTドリンクタンクです。実用ではドリンクタンクとしては容量が大きすぎるためペットボトル用のクーラーボックスとして使用しています。ハイラックスだとギリギリでロールシャッタートノカバーもちゃんと開け閉めが出来る高さです。右がDOMETICのウォータージャグですがコンパクトサイズながらも11Lの飲料水を持ち運べます。保温性能のあるROAMと違ってただのウォーターコンテナなので保温効果は無い分サイズはコンパクトという訳です。2Lペットボトルの水5本+が集約出来るのは頼もしい限りです。


給水については左のリッドにプラグインプレイでオプションのフォーセット(給水蛇口)が取り付け可能です。DOMETICの電動フォーセットは非常に高価なので今回は大陸製の電動フォーセットを購入してチューブアダプターを加工して使えるように出来ないかトライしてみたいと思います。



タンク内も下のように手が入れられるサイズの開口があってきちんと洗浄もしやすい構造になっています。ウォーターポートやハイドロポッド、ロトパックスではこの様なタンク内洗浄が出来ないので飲料用ウォータジャグとしては衛生面には不安がありますよね。そういう事情もあってこのDOMETICのハイドレーションウォータージャグはお勧めの逸品というわけです。



付属のペットコックを装着すれば下の写真の様にケトルやボトルにも注水出来るので電動フォーセットが無くても十分使用可能です。キャンプにおいて水は多くあっても困らないモノですから飲料用と洗浄用の水タンクをそれぞれ積んでおくと良いでしょう。

横積みも可能なので大型のクーラーボックスがあればこのジャグごとクーラーに入れておけば保冷することも可能です。沈殿物が溜まる様な飲料水だとフォーセット用のシリコンチューブの先端のスクリーンが目詰まりをしそうなので注意が必要です。ペットコックなら問題ないかと思います。ホームメイドレモネードとか作ってレモンやライムスライスを入れてキンキンに冷やしておいたら最高ですね。


次回はキャンプでの実使用レビューにご期待ください。



DOMETIC ハイドレーションウォータジャグは3カラーございます。

ご購入希望の方はお声がけください。(今回仕入れた分は完売しました)

閲覧数:67回

Comentarios


bottom of page