ACS Tonneau

Leitner ACS Tonneau をご購入頂きましたタンドラのオーナー様からトノカバーとACSの装着が完了したとのご連絡を頂きましたのでご紹介させて頂きます。


トノカバーはLEERのウルトラグルーヴをチョイスしました。

やはりフルサイズのベッド幅だとギアポッドを左右にマウントしてもかなりスペースが広く見えますね。

クルーマックスのショートベッドだとギアポッド3連でも余裕があります。

しかしシャッターのレールにギアポッドが装着出来るのは便利ですね。風雨に晒されたくないモノを保管出来て盗難防止にもなります。背高のモノはシャッターを開けば積載も可能ですから仕事の道具や趣味やレジャーのアイテムを保管可能になるので大変便利です。


ACS Forgedをご使用の皆さんにはACS Tonneauに変換するアダプターがラインナップしています。

但し、Tスロットと呼ばれる溝のあるシャッターレールでないと装着が出来ません。


レイトナーではリトラックスやLEERの一部モデルに装着可能として指定のシャッターカバーを紹介しています。こればUSピックアップのオーナーさんには有効です。




その一方で、ハイラックスのオーナーさんで興味深々の人も少なくないでしょう。

現在こちらで把握している情報と照会している内容をお知らせしておきます。


ハイラックスについてはリトラックスの一部の電動開閉式のモデルが装着可能です。

なのですが…正直言うとAPTCOではあまり電動開閉モデルはオススメしておりません。


その理由は

①単純に部品の値段が高い

②壊れた場合やバッテリートラブルで開閉不可になる

からです。


故障によるシャッターの開閉不能は過去に経験があってシャッターを開けるのに非常に苦労したのでそれ以来手動式のシャッターをオススメしています。


リトラックスの手動式で解決すれば良かったのですがそう簡単ではありませんでした。

注意しなければならないのが手動モデルのリトラックスを装着する場合、左右にギアポッドを装着するとシャッターを開くノブがギアポッドに干渉してシャッターの開閉が出来なくなります。

このロックレバーの位置がネックなんです。手動で開閉するにはこれをフリップアップしないといけないためギアポッドに当たってしまうという訳です。

上の写真の様にギアポッドを運転席側だけにマウントするのであればリトラックスとACS Tonneau の併用は可能になります。これはオーナーさんの用途にもよりますね。


リトラックスは日本国内でも流通しているのでACSと併用をご検討する場合はくれぐれもご留意ください。



ハイラックスのオーナーさんからのご要望が多いこともありまして現在ACS Tonneauと併用可能なシャッターカバー のマッチングを行なっています。来年頭には良いお知らせが出来ると思います。お楽しみに!

閲覧数:178回