top of page

JEEP JKエンジン修理③

いよいよ完結編となります。


前回の続きでオイルフィルターハウジングが入荷したのでVバンク中央に取り付けます。

ウォーターラインとオイルラインにそれぞれOリングとドライガスケットが付属しています。ドライガスケットにオイルは塗ったりしないようにと注意書きがあります。

締め付け手順と規定トルクでしっかり締めます。ハウジングのベースが樹脂なのでオーバートルクは厳禁です。


ロワーインテークマニフォールドを取り付けます。ここも同様にドライガスケットを使います。締め込むと潰れて変形するので再利用すると2次エアーの原因になるので脱着の際には必ず交換が必要です。

ロワーを装着して規定トルクで締め付けます。インジェクターコネクターとフューエルラインを接続します。この時にバンク裏にあるPCVやEVAP系統のホースやハーネス、ヒーターホース等のラインを接続しておきます。

アッパーケースを取り付けてスロットルボディ、エアクリーナーを取り付けてエンジンの組み立てが完成です。

エンジンオイルとLLCを入れてエアー抜きをして完了です。

オイル漏れも止まった様でよかった。

これでようやくセブンスロットライフをご満喫頂けます。いよいよJEEPもカスタム編がスタートするのでワンオフパーツがラインナップしていきます。JK/JLオーナーさんで他のJEEPオーナーと差別化したい、コダワリたい方は是非チェックしてみてください。


JKの課題であるルーフラック装着もいよいよ着手します。


閲覧数:45回
bottom of page