top of page

Hilux Leveling Lift

久しぶりのハイラックスの話題です。


今回はハイラックスのレベリングリフトのオーダーを頂きました。


ショックはFOXのクリップリフトにアッパーマウントはミニッツさんのレベリングマウント、純正コイルスプリングをセットアップします。アッパーアームとデフダウンキットはDIRTKINGです。

クリップリフトはビルシュタインのイメージでしたがFOXも3年前くらいからプロダクションしています。クリップ位置を変える事によりプリロードが増して車高を高く保持するという仕組みです。

純正コイルオーバーを分解していきます。アッパーマウントのブッシュやスプリングシート、コイルスプリングは流用します。

本来はアッパーマウントも純正品を使うのですがAPTCOはガレージミニッツさんのレベリングリフト可能なアッパーマウントを採用しています。アッパーマウント自体でリフトアップが可能なのと付属のスペーサーでリフト量を追加調整可能な優れものです。

通常のアッパーマウント上部にスペーサーを挟むレベリングリフトではジオメトリー変化が大きくなるのですが、ミニッツさんのアッパーマウントはそこを計算して設計されているためサスペンションの動作が純正にほぼ近い動きになるため上下のマウントブッシュ、ショックレッグやシャフトシールへの負荷がかなり軽減される作りになっています。

インストールするとこうなります。


DIRTKINGのアッパーアームはリフトアップ時のボールジョイントのアングルを補正するのと純正のプレス鋼板よりも剛性の高いチューブタイプのデザインにMOOG社のHDボールジョイントを採用していて伸び側のトラベル量が1インチ増加します。

タイヤとフェンダーの隙間から見えるこの感じはいかがでしょうか。

見た目だけじゃないのがFOXです。ちゃんとショック自体も衝撃緩衝装置として良い仕事をしてくれます。ちょっとしたダートを走ると違いが分かります。ドレスアップのためのリフトアップと走行性能を向上させるパフォーマンスリフトアップの違いがよくお分かり頂けると思います。

上を見たらキリが無いのですがデイリードライバーでアウトドアレジャーにも兼用するのであればこのレベリングリフトのセットアップがAPTCOではイチオシです。コストパフォーマンスもショックパフォーマンスも備えたルッキングッドなカスタムをご希望の方はご相談ください。

閲覧数:206回

Comments


bottom of page