top of page

Leitner ACS_ROOF




ACS ROOFというシリーズで下記の4タイプがラインナップされるようです。

①キャブルーフにマウントするタイプ=オーバーキャブプラットフォーム

②既存のACSにマウントするタイプ=オーバーACS

③ストックのベッドにマウントするロータイプ=オーバートラックベッド

④レール付きトノカバーにマウントするタイプ=オーバートノカバー



オーバーキャブプラットフォームについては写真の様に若干ハイトのあるラック構造になっています。プリンスやシェルパ、アップトップ等のローフォルムのUSAラックシステの上部に頑強なラックシステムが乗る感じの構造です。その分ハイトが高くなりますがラック強度向上に寄与しています。

またこのACS ROOFの凄いところはクロスバーのポジションをボルト4本を緩めるだけで任意で無段階に位置するを調整できるところです。既存のラックメーカーですとクロスバーの固定ネジが細く剪断強度が低くバーのスライド量も長穴のためアルミ製のフレーム強度が下がるデメリットがありましたがそのウィークポイントをLEITNERらしい発想とデザインで見事に解決しています。


下のクロスバーの写真の2箇所のボルトを緩める事でチャンネルレールに沿ってクロスバーを左右に無段階でスライドする事が可能で積載物の形状やスタックラダーやROTOPAX等のアタッチメントを装着する際に容易にポジショニングが可能になります。


更に特筆すべきはラック本体の構造がまさにLEITNERらしくてハードユースにも耐えられるような構造設計になっています。

下の写真はクロスバーのサイズ比較です。左はよく見る既存のルーフラックメーカーが採用しているよくあるアルミのクロスバーです。右がACS ROOFに採用されているクロスバーです。材質強度はもちろん対荷重についても実用性や利便性を重視した設計をしていることがよく分かります。

RTTを積載していないACSユーザーの方には自信を持ってお勧めしたいです。自分もRTTが無ければ間違いなくこのラックをACSに装着していたと思います。既存の他社ラックメーカーの商品とACS ROOFを比較してしまうとLEITNERの方が優位に感じてしまいます。


そしてLEITNERならではのアクセサリーが同時にラインナップした事も重要です。

GEARPOD ROOFというギアポッドのルーフボックスがラインナップしました。

ディメンションは下記をご参照ください。

全長1230 全高300 奥行457 、有効寸法は開口幅1066、開口高208、奥行380となります。

オーバーキャブプラットフォームの最短サイズでもタコマの1350、ベッドラックの最短サイズが1320なのでGEARPOD ROOFを縦積みすることが可能です。


キャブルーフラックは車種専用マウントの設定になるため加工が必須になりますが、ベッドラック3種は基本的にユニバーサルフィットなので長さが4サイズ設定がありまして1320、1475、1650、1830とベッドサイズに合わせた寸法がラインナップされています。


GEARPOD ROOF以外にもROTOPAXやMAXTRAXのオンボードマウント、サイドオーニングマウント等もラインナップしています。



オーバーキャブプラットフォームについてはハイラックスにマウントする場合どの程度の加工やマウント製作が必要になるのかはまだ現物を見ていないので何とも言えませんがルーフに穴開け加工をすれば装着することは可能だと思います。APTCO的には取付は可能だと考えています。もしハイラックスに施工したいという方はご相談ください。


詳しい価格や納期は日本のディストリビュータさんからのプライス発表があると思いますので楽しみにお待ちください。





***最近通販等で購入されたユーザーさんからの取付についての相談を受けますが購入元に問い合わせをしてください。個人で取付を行う場合は必ずインストールマニュアル(英語)の重要事項をよく読んで理解をした上で取付を行う様にしてください。高速道路でRTTとACSが後続車に飛んでいかない様にくれぐれも取付はしっかりと行なってください。



閲覧数:132回

Comments


bottom of page