top of page

2024 TRITON MV

三菱トライトンが発売されて街中でもチラホラ見かけるようになって来ました。

そろそろカスタムパーツのメニューも考えようと思います。

まずはサスペンション周りからといきたいところですが何せ触ったことの無い車種なのでまずは現車を見ながらR&Dしたいところです。


ショック関係はL200系で大きく変化がなければ一般的なダブルウィッシュボーンにコイルオーバーサスペンションというスタンダードなスタイルなのでショックのトラベル量やスプリングレート、ブッシングサイズが分かればFOXやBILSTEINにEIBACHあたりでオリジナルのセットアップをラインナップしたいと考えています。アッパーアームに関しても少し考えている事があるので実現に向けて動いてみたいと考えています。

KINGはTRITON用のOEMショックもラインナップしているので2024モデルのフィッティングが確認出来ればご予算に余裕がある方はアリかと思います。


2〜3インチのリフトアップでどのような作用が起きて対策が必要になるか、例えばCVアクスルのアングル補正のデフダウンの必要性やアッパーアームのボールジョイントの角度やナックルの動き、それに伴うホイールのバックスペース等、初の車種は色々とリサーチが必要です。国内の各メーカーさんが現在設計製作をしていると思いますがウチはニッチ路線で攻めたいので他人とは差をつけたいとか、アメリカナイズしたいという方向けにチューンなブルなパーツを使ってオリジナルパーツをご提案したいと考えています。


APTCO的にはアジアンスパイシーなカスタムよりもパシフィックオーシャンサイドのカスタムの方が自分の趣味にはマッチするので道路交通法の許される範囲でパーツチョイスからモデリングまで攻めていきたいと思います。


もちろんトライトンでオーバーランド嗜好のオーナー様向けにも新たなパーツをラインナップしますので今しばらくお待ちください。サスペンション、ラック関係、タイヤホイールについては既存のHILUXと同様に思う存分カスタムを楽しんで頂けるようなパーツラインナップをご用意します。HILUXとはまた違うスタイルを目指したいと思いますのでまずは

トライトンオーナーさんは是非お店に遊びに来てください。まずは現車をじっくり見ながら妄想する事が必要です。


他と差をつけたいトライトンオーナーの皆さん、お待ちしております。



閲覧数:119回

Comments


bottom of page