top of page

FOX / J150 /Front

J150プラドにDIRTKINGとFOXのFACTORY SERIESをインストールした事例をご紹介します。

元々は国内有名メーカーのサスペンションリフトキットがインストールされていたものをフルで交換する事になりましてショックはFOX、アーム類はDIRTKINGに変更致しました。

オーダーは3インチリフトでタイヤをサイズアップしたいとのリクエストだったのでコイルオーバーのプリロードとミニスペーサーで3インチ程度のリフトアップを行いました。

トヨタのラダーフレーム系のフロントサスペンションは基本構造が一緒なのでUSDMもJDMも作業手順はほぼ同じです。J150は4RUNNERやFJ、GX460とほぼ同じです。

まずはコイルオーバーを抜き出してアームを交換する準備に入ります。

アッパーアームだけなら簡単なのですが今回はロワーアームも交換なのでナックルとも分離が必要です。2WDなら気にせず全部分解するのですが4WDのためCVがナックルと繋がっているのでスムースに脱着交換出来る手順を考えます。という事でまずはロワーアームから外します。4130(クロームモリブデン鋼)にMOOG社製のHDボールジョイント、ピボットにはグリスフィッティング付きのデルリンブッシュを採用したアルミスキッドプレート付きの高剛性のボックスタイプのオーバーランダー向けのロワーアームです。

対するアッパーアームも同等レベルで通常モデルとは違ってユニボールベアリング(FK-ROD社製スフェリカルベアリング)を採用した同じく4130のボックスタイプのアッパーアームです。こちらはピボットはグリスフィッティング付きのウレタンブッシュになります。

この上下のアームを動かすメインのコイルオーバーがFOXのFCTORY 2.5"CoilOverです。

リモートリザーバー(ホースリモート)タンク付きでDSC(デュアルスピードコンプレッション)縮み側の減衰力を2つの速度域で任意調整可能なアジャスター機構が付いています。

FOXはOEMのFACTORY SERIESには低速域(街乗りや段差の大きい路面)と高速域(高速ダート走行)でのコンプレッションダンピングを調整出来るので街乗りはしなやかに衝撃を吸収して高速ではボトミングさせずかつロール等を抑えたしっかりと路面にタイヤを追従させる様な調整が可能です。


参考までに

SPEED + が 早くなる = 柔らかくなる

SPEED ー が 遅くなる = 硬くなる

という認識になります。


FACTORYのデフォルトは全開から3クリックらしいので硬めになっています。

車高を上げるためにプリロードを大目にかけているためスプリングの反発が強めに感じるところは否めませんが既存のショックのような入力時のズドンという様な衝撃はかなり抑えられています。きちんと伸び/縮みでショックが衝撃を緩衝してくれています。


見た目も性能も良くなって自己満足欲も満たされるパーツです。お値段はそれなりに高額ですがそれに勝る性能を求める違いの分かる方にはお勧めいたします。

閲覧数:332回
bottom of page