top of page

JEEP PARTS

本日はJEEP WRANGLER用のオリジナルパーツについてご紹介いたします。


個人的な意見で恐縮ですが私がJEEP JKの外装をモディファイする上で絶対変えたくなるのが前後バンパーです。下の写真のJKは当時フルノーマルで購入したものを自分のイメージするJKカスタムを形にしたものです。

前後リジットのオープンウィーラースタイルのカッコ良さを求める私としてはバンパーはスタビースタイルでフラットフェンダー化してガッツリタイヤを露出するクローラースタイルが大好きです。


このスタビースタイルのバンパーも形状やデザインが色々あるのですがなるべくプレーンなフォルムで追加工がしやすいデザインのものが多くは無くてしかも輸入となるとコスト高にもなってしまうのでワンオフで3Dデザインのバンパーを製作してみました。

参考までに補足しておきますが上のチューブはAバーではなくてLEDバーのライトマウントです。Aバーっぽいヴィジュアルにしているだけですのでお間違い無いように。


リアバンパーも同じくスタビースタイルでこちらはステップ部の面積を広めにとってテーブル代わりにもなるような3Dスクエアデザインにしています。左右エッジ部の3Dの溶接と整形にはかなり苦労しました。調子に乗って多面構造にしたら溶接と整形でかなり手間がかかってしまいましたがなかなか良いフォルムになりました。

こういったオリジナルのデザインでバンパーを製作する事が可能です。

このベースにLEDを埋め込みたいとか、チュービングを追加したいとか様々なご要望にお応え致します。ただしウィンチを装着したい方は既製品の対応バンパーを購入した方が良いと思います。


更にコストを抑えたいという方には2Dデザインのバンパーも製作が可能です。

リアはバンパーキャップ形状になります。まだ取付ていないので後日ご紹介できればと思います。

輸入品のバンパーよりは安価で入手できるバンパーを受注生産で製作可能です。取付に関してはカット&ドリルが必要ですので基本的には弊社にて取付を行います。


既製品のボルトオンパーツとなると誰でも入手が可能ですがワンオフパーツは唯一無二のパーツです。他人と差をつけたいとかこだわりを持ちたいという人は是非ご相談ください。









閲覧数:114回

Comments


bottom of page