top of page

KC HILITES 7"GRAVITY


今回はJEEPオーナーさん向けにコマーシャリングをしたいと思います。

皆さんはKCハイライツというフォグランプのマニュファクチャーをご存知でしょうか?

私の世代ですとタミヤのRCカー世代なので当時のバギーチャンプ系をご存知の方であれば記憶にある黄色いニコちゃんマークのフォグランプと言えば思い出す方もいるでしょう。

今は版権問題で訴訟になるからロゴが使えなくなりましたが当時は実在のロゴがバンバン使われていましたよね。かくいう私もタミヤがオフロードの目覚めだったのでKCについては幼少の頃からフォグライトはKCか猫のマークのマーシャルしか知りませんでした。


そんなKCは今もなアメリカではRIGIDやBAJA DESIGNSと同じくオフロード界では人気が高く現在も愛用されている方は多いマニュファクチャーの1つです。

個人的に大好きなレースチームの上のF100もKCからチームサポートを受けていてまさにルーフに7連装のライト、ヘッドライト、LEDバー等が余す事なく装着されています。

幼少はRCカーでしたが、大人になったら実車というのが夢がある話じゃありませんか。


話を戻しますが、

5年前くらいにJEEP JK36 を家の車として所有していました。この時代でJEEPがハロゲンのH4というのに驚きましたが夜間目が見えない鳥目な私としては良さげなLEDに換装したいと北米マーケットを探していたところちょうどKCからGRAVITYシリーズ(LED)がラインナップされてJEEP JKのヘッドライトコンバージョンが発売されたので即決して取付をしました。今回はまさにそのJEEP用のGRAVITY7”LEDライトの装着事例です。

JEEPオーナーさんはご存知の方も多いと思いますがJKのセブンスロット(フロントグリル)は簡単に外れてくれますよね。ウィンカーのコネクターだけ抜けば5分もかからずに取り外しが可能です。この状態でヘッドライトを交換していきます。

ハウジングを固定しているステーを外します。トルクスのT10が4箇所で固定されています。

本来はこれでヘッドライトごと外してKCのGRAVITYを装着するだけで完了するというスーパーイージーな作業なのですが今回のJKは特別仕様車でHIDが装着されているのでバラストやら必要無くなるワイヤリングを外していく必要がありました。

HELLAのH4ライトハウジングは他に再利用したくなりますね。

HIDはバラストやら何やらで配線やモジュールが多くて取付も複雑なのですが外すのも一苦労です。

エアクリーナーボックスまで外す羽目になるとは思いませんでした。

上がHIDのユニット一式になります。

下がKCのGRAVITY7”一式になります。

このスマートさは歴然ですよね。

HIDじゃなくてハロゲン仕様だったら30分くらいで交換できる気がします。

あとは取り外した逆の手順で組み立てていくだけです。

このGRAVITYはロービームはSAE仕様の法規制に準じた明る過ぎず暗過ぎずのちょうどいい明るさになっていて鳥目の私でも困らない明るさになっています。しかしながらハイビームにするとオフロードレースライトメーカーの片鱗を垣間見てしまう程の明るさで照らしてくれます。ハロゲンで暗くてとお悩みの方は価格はお高いですが期待以上の仕事をしてくれますので是非ご検討してみてはいかがでしょうか。


鳥目の私がイチオシのヘッドライトコンバージョンキットです。


KC HILITESも安心の正規輸入販売店ですのでお気軽にご相談ください。

日帰り装着というか1時間もあれば取付可能です。








閲覧数:114回

Comments


bottom of page