top of page

Re:Think about Overland +

それでは大変興味深いアメリカ版オーバーランドの核心についてご紹介していきましょう。


若干私の個人的な見解による和訳変換になりますのでご了承ください。


OVERLANDING VS CAMPING

What's the difference


オーバーランディングとキャンプはアウトドア界隈でよく聞かれる用語です。これらのキーワードは一見同じものだと混同されている人もいる様ですが実は全く異なるスタイルのアクティビティを指しているのです。


オーバーランディングとキャンプにはユニークな特色と類似点があり、その似て異なる違いを見分け方は2つのキーワードのバックボーンをきちんと理解する事が必要です。この記事でキャンプとオーバーランディングの違いを学ぶための知識を身につけましょう。



オーバーランディングとキャンプはアウトドア体験をする2通りの手段です。どちらのアクティビティも一定期間遊牧民の様な生活様式を体験して日常生活の快適さや利便性を放棄するということになります。オーバーランドとキャンプを混同してしてしまうのは何故でしょうか?それは野営(キャンプ)という一連のルーティンをこなすために様々な準備や装備を必要とする事が同じだからです。確かに一見するとやっていることは同じにはなりますが実は重要な違いがあるのです。それはオーバーランダーはキャンピングカーを採用しますが、キャンピングカーはどれでもオーバーランドに対応する訳ではありません。

ピックアップやSUV、ワゴン車のオーバーランド仕様もコンバージョン仕様のキャンピングカーも同じ星空の下で寝てテントやグッズを設置するという意味では同義ではあるのですが

オーバーランドとキャンプは異なる2つの概念だという事なのです。




What is over landing?

オーバーランディングは必要装備を備えた車両でオンロードやオフロードを含めた車ベースの旅行の事でクルマでの道程や自立して野営を行いながら冒険をする旅をするアクティビティを指します。歴史的な記述としては起源は1900年代初頭のオーストラリアの家畜取引における長距離移動が発祥の様でその長期間の移動における冒険の旅が今のオーバーランディングに進化したものだと言われているそうです。(私はアフリカのサバンナを移動するキャラバン隊が発祥とされ古くからったスタイルだと聞いていましたが認識を改めます)

近年のオーバーランディングでは荒れた地形や荒野を跨いで限られたリソースの中で長期間の移動を含む冒険をする自動車の旅という認識で合っていると言えるでしょう。


景観の良い場所でキャンプを張って焚き火の周りでマシュマロを焼いて楽しむ場所に行くことが目的ではなく、未知のトレイルや過酷なオフロードを走破しながら冒険を楽しみ経験した事のない自然の贈り物を探索し楽しむ事にその本質があります。


What is camping?

キャンプとは人々がリラックスしてアウトドアを満喫する時間であり定められた場所でのみ自然を楽しむ小旅行のようなレクリエーション活動を指します。キャンプには様々な方法があってテントキャンプ、バックパキング、サバイバリストキャンプ、バンキャンプ、グランピングとその人の好みや目的、快適さのレベルに応じてキャンプを楽しむことができます。

キャンピングカーでキャンプ場へ向かい利用可能な施設に応じてキャンパーは自分たちのリソースを活用します。そのキャンプ場では通常ハイキング、釣り、カヤック、バードウォッチング、サイクリング等のアクティビティでアウトドア体験を楽しみます。


定められた場所でアウトドアという環境下でのリラグゼーションとレクリエーションを楽しむのが近年の一般的なキャンプというレクリエーション活動だと言えるでしょう。



アウトドアというレクリエーションとしては同一に思える両者だが本質が根本的に違うという事が分かるだろうか。


キャンプにおいては専用のエリアで施設もある場所で乗用車でも乗り入れられる管理された場所でのレクリエーションで期間も数日という場合がほとんど。


オーバーランディングおいてはまず人の手が及ばない大自然の中を走破して自分の立てた計画のとおりに進んでいくという何が起こるか分からない冒険の旅であること。そして衣食住における自己完結が必要でサバイバル要素が高くなる長期間の旅という認識がしっくりくるのではないだろうか。





というのがアメリカ本国の見解の様です。

とにかくアメリカという国は冒険しようと思えば冒険できる国土の広さを有する国なので日本の様に管理・規制で縛られた国とは比較できないスケールなので楽しみ方も当然日本とは違うのはしょうがない事ですね。


USトヨタが本気でオフロード走れるTRD-PROやTRAIL HUNTERを開発するのも頷けますよね。



しかしながら日本には日本のオーバーランディングの楽しみ方があります。

オートキャンピングは気軽に楽しめますが、オフローディング要素を含めたオーバーランディングを楽しみたいという人はその希望をAPTCOが叶えて差し上げましょう。

但し、参加資格は厳しいです。甘い考えで冒険しても全く意味がないので指定装備の制限をクリアしている人だけをお連れしたいと思います。


ご興味がある方は「オーバーランディングがしたい」とメールにてお声掛けください。

秋までに装備を揃えて準備しておきましょう。








閲覧数:103回

Comments


bottom of page